2016年08月05日

慰謝料なし!?その真意は?TOKIO山口達也の男前な離婚会見




TOKIOの山口達也さんが、2008年に結婚した奥さんと離婚していることを発表、
ジャニーズ異例の離婚会見を開きました。

7月4日放送の『ZIP!』で左目に眼帯、顎に絆創膏という姿し、視聴者を驚かせたことは記憶に新しい…
山口さんは『自転車でコケた』とコメントしていましたが、あまりにも痛々しいその姿に
何かトラブルに巻き込まれたのでは?との憶測がネット上に流れました。

それから一ヶ月後に離婚発表…
誰もが、あのケガは夫婦ゲンカが原因では?と結びつけたことでしょう。

離婚会見では、もちろん、このことに関して、質問を受けた山口さん。

「これは自転車です」と笑い、「夫婦げんかでこれだったら相当な奥さんですよ!そしたらこっちから離婚してくださいって言う」と否定しながら冗談を飛ばしました。

約40分におよんだ離婚会見は、このように終始和やかなムードでした。

慰謝料については妻から
「いらないと。ケンカした訳ではない。ケンカしたり、何かあればあるんでしょうが」と、
請求は一切無かったそうです。

そこで男気を見せた山口さん。
その分「生活の面倒をみようと」と、養育費を始めとする生活に関わる費用だけでなく、住居についても「援助を続けていく」と自身から申し出ました。

子煩悩で知られる山口さん。
「子どもに関することならパンツ一枚でも自分が買いたい」と父親としての責任を宣言。

そんな父親に子供たちも「パパとママがニコニコするんだったらぼくたちはそれでいいよ」と言ってくれたそうです。
離婚会見なのに、なぜかほっこりしてしまいます。

それでも離婚したほうが良いと思ったのは、山口さんがなかなか家に帰れる時間が持てず、奥さんにすべての家事を負担させ、甘えてしまったから。

「けんかもたくさんありました」と振り返った山口さん。別居をしてお互いが穏やかになり、離婚に至ったそうです。

家族を愛するが故の決断だったのでしょうか??

会見では、全ての質問に丁寧に答えた山口さん。
そして、離婚しても尚、家族への深い愛に心を打たれました。。。。。。。。


posted by hanseesaa at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | TOKIO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

TOKIO城島茂“手の震え”の原因、ファンの間ではすでに特定!?




11月1日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』放送以来、TOKIOのリーダー・城島茂さんが視聴者から心配されています。

その日の放送で徳島県の農家を訪れた城島茂さんと長瀬智也さん。
気になったのは、城島さんは収穫されたレンコンを使ってミルフィーユカツを作るシーン。
城島茂さんのカツを揚げる菜箸を持つ手や、カツを切る包丁を持つ手が震え出したのです。


その日のタイムラインは、城島さんの手の震えを心配する声であふれました。
「手の震えどうしたの」「大丈夫?」「ギターの弾きすぎ?」「いや、鍬だろ?」

原因は何?

この症状、城島茂さんのファンの間では、いつもの「アル中(アルコール中毒)」ともっぱらの噂だそうです。

アル中と言っても、心配無用の軽い症状だとか…
城島さんとお酒は切っても切れない関係。

お酒を飲むと、「笑い上戸」と自身を分析する城島さん。

「さびしい酒とか苦手ですね。せっかく酔うんだったら、楽しく酔いたいな」
とお酒について持論を持つ城島さんですが、
少年隊・東山紀之さんに言わせると
「城島は酔うと泣く」泣き上戸だそうです……………………


城島さん自身も「東山さんと飲むと、しんみりした雰囲気で"TOKIOが一番好きだよ"って言われたりして、嬉しくなって泣いてまう」とのこと。

上下関係の厳しい体育会系のジャニーズだからこそ生まれた
先輩愛あふれるエピソードですね。

お酒大好きな城島さんですが、歴としたギターリスト!
ライブの前はお酒を控えるようにしてくださいね!



posted by hanseesaa at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | TOKIO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

結婚のきっかけは「デスモイド腫瘍」…TOKIO国分太一の気になる病気




3歳年下の元TBS社員と結婚したTOKIOの国分太一さんが『白熱ライブ ビビット』の生放送後、結婚報告会見を行いました。国分さんは、最初に「まずは、関東から東北まで大雨に遭われました皆様に、これから自分がどんなことをできるか日々考えていきたい」と被災地にお見舞いの言葉を述べました。
続いて本題に入った国分さん。
結婚のきっかけについて聞かれると
「2009年に大きな病気になって、お腹に腫瘍がこぶしくらいになって摘出した。心身ともに疲れている時にいろいろと助けてもらえたことから、今後結婚という方向にいけたらという気持ちはありました」とまさかの告白。

腫瘍ができていたなんて…………
そういえば、DASH村のロケも国分さんのシーンも少なかったような気がします。

病名は「デスモイド腫瘍」
「デスモイド腫瘍」は「良性」のこぶのような腫瘍ですが、ほっておくと内臓や血管、神経などを圧迫してさまざまな症状を出すことがあるそうです。
「半年検診を続けていたけど1センチずつ大きくなるので、主治医の方が摘出したほうがいいと。手術から退院まで1ヶ月くらい入院するなかで、バックアップしてもらった」と国分さんは奥様に感謝の言葉を述べました。

その当時は、奥様もまだTBSでお仕事をされていましたが、毎日お見舞いに来てくれました。
体を動かすことができなかった国分さん、
身近なことを嫌がらずにやってくれ、気持ちが相当落ちていたところを奥様が引っ張ってくれたそうです。
司会の仕事もされている国分さんですが「とにかく尊敬できる。僕は日本語が下手くそだけどダメ出ししてくれたり、仕事で常識を忘れたりわからなくなることを誰よりも先に訂正してくれる真っ直ぐさ。タレントとしての成長より、一人の男としての成長を望んでくれています」と奥様をノロけながらも尊敬していることをしっかりアピールしました。

結婚報告の会見でしたが、視聴者としては、国分さんの体調の方が気になります。

国分さんは病状について「今もこぶしくらい穴が開いている状態。筋肉が再生することはない。歌を歌うと出てきそうになる」と説明しながらも、病気の質問が続く記者に「すいません、なんの会見だかわからないですね」と苦笑しました。


そんな苦しいときの国分さんを支えた奥様…
そして、その奥様に心から感謝する国分太一さん。

最高の夫婦だと思います!





posted by hanseesaa at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | TOKIO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする