2016年01月06日

堂本剛も派閥が嫌い!?「光一派、剛派なんてクソしょーもない、みんなで団結!」




年末年始の恒例となっている東京ドームでのコンサートを開催したKinKi Kids

堂本剛さんが、ファンに向けて
KinKi Kidsを「光一派」「剛派」に分かれて応援するのをはやめてほしいと呼びかけました。

「光一派、剛派なんてクソしょーもないもんは要らないです。キンキはキンキ、アホでも分かるでしょ。シンプルにKinKi Kidsを愛してください」
「みんなで団結しましょう」
と新年から熱いメッセージ!


嵐の櫻井翔さんも昨年『ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism』で
「○○のファン」を表す“担当”というファン用語を好ましく思っていないことを発言。

そして、SMAP・中居正広さんは
1月2日に放送されたラジオ番組『中居正広のSome girl’SMAP』で
V6やTOKIO、KinKi Kids、そして嵐の曲をベタ褒めしながらかけまくりました。

ジャニーズでは近年、SMAPやKis‐My‐Ft2を担当する飯島マネジャー派と、ジュリー喜多川副社長派の嵐、関ジャニ∞ら、そしてジャニー喜多川社長派の3大派閥に分かれているといわれています。

そんな垣根を越えた中居さんの選曲。
ラジオのエンディングで中居さんは
「ってことで、安心してください。これは僕が勝手にやってることなんで。あの、怒るなら僕のところに来てください」
選曲やコメントを独自で行ったことをアピール。

まさに、中居さんがジャニーズ内の派閥問題に斬り込んだ瞬間でした。

昨年のこと、同番組で、中居さんは
「僕はやっぱりね、もう昔からなんですけど、群れることが好きじゃない。群れと派閥が嫌いだから。群れること、派閥……まぁ、闘うんだったら、僕は1人で闘いたいタイプだから。で、闘う相手はだいたい、カッコイイことを言うようだけど、上の人の方が闘いやすいよね」と発言したことがあります。


今、ジャニーズは各グループ、各メンバーそれぞれが、面倒ないざこざを消し去って
一つになろうとしている気がします。
2020年東京オリンピックに向け、ジャニーさんもいろいろ考えていらっしゃるのではないでしょうか?

一致団結したジャニーズの未来が楽しみです。


posted by hanseesaa at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | KinKi Kids | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

石を抱えた堂本剛が石に囲まれて、歌っている理由…クリスタル(水晶)?




5月22日放送のテレビ朝日『ミュージックステーション』に出演した堂本剛さん。
奈良出身の堂本剛さんは、大仏のお身拭いの話をタモリさんに熱弁すると
ソロアルバム『TU』の収録曲の「恋にも愛にも染まるような赤」を披露しました。

あれ?

なんと、熱唱する堂本剛さんの右手にはマイクとともに、なぜか棒状の石が握られています。
そして、堂本剛さんのまわりにも石が並んでいます…

曲の間奏にくると、堂本さんはマイクを左手に持ち替え、
今度は足元にあった大きな石を拾い上げました。

重そう…
それでも堂本さんは軽やかにステップを踏みながら歌い続けました。

あの石は何の意味があるの?
テレビの前のみなさんも疑問に思ったことでしょう…

実はあの石…なんと、クリスタル(水晶)だそうです。
クリスタルに電圧や電流などの影響を与えると
振動によって音圧などが変化。

このクリスタルをアンプやケーブルに添えるだけで
高音、低音がすっきり広がり、音がクリアになるそうです。

曲も終わりに近づくと、堂本さんはをクリスタル(水晶)ステージ上にと置き、
「恋にも愛にも染まるような赤」を歌い上げました。

ソロアルバム『TU』のジャケットにも、実はクリスタルがちりばめられています。
おそらく、『TU』のレコーディングにもクリスタルを使用したものと思われます。

スピリチュアルに傾倒している堂本剛さんですが、
このクリスタルについては、音楽的な意味合いが大きいようです。

耳が肥えている人には、きっと音の違いがわかるのでしょう…
わたしにはわかりません………




posted by hanseesaa at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | KinKi Kids | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月20日

岸孝良負傷…堂本光一舞台事故、屋良朝幸のShow must go on魂が熱い!




「KinKi Kids」の堂本光一さん主演のミュージカル「Endless SHOCK」の昼の部で上演中に起こった事故。

出演者5人、スタッフ1人が負傷し、病院に搬送と伝えられました。
当初は1人が重傷とされていましたが「それぞれ搬送先の病院にて精密な検査と診察を受けましたところ、重傷と判断された1名に関しても打撲と診断され、軽傷の5名と合わせ、幸いにして、全員本日中に自宅に帰ることが許されました」とのことでした。

負傷者の中には岸孝良さんの名前も含まれているそうです。

事故の原因は、舞台に設置されていた高さ7メートル、幅3メートル、重さ800キロのLEDパネルの転倒。

堂本光一さんの出番が終わった直後にパネルが倒れたそうです。

関係者の証言によりますと「音もなく倒れた感じです。出演者の1人の後頭部に大型パネルが当たったように見えました。その演者は起き上がり、再び踊りだそうとしていましたが、舞台監督が出てきて『誰かいるか!』と聞いて、幕が下りてきました。何の説明もないまま、中止になってしまいました。スタッフはオロオロしていました」と…

その後、堂本光一さんが現れ「トラブルのため公演は中止といたします」と説明しました。

一方、この舞台に1年ぶりに戻ってきた屋良朝幸さんですが、なんとセットが倒れても踊り続けていたそうです。

「Show must go on (ショー・マスト・ゴー・オン=何があってもshowを続けなければいけない)」をテーマの「SHOCK」スピリッツを地で行く屋良朝幸さん!

プロ根性に脱帽です…



posted by hanseesaa at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | KinKi Kids | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする