2016年11月11日

主役は櫻井翔か松潤か?あの『ウエストサイドストーリー』はやっぱり偉大な伝説だった…




嵐のデビュー当時、事務所は松本潤さんを、センターとして売り出す方針でした。
しかし、事務所の意向に反して、”箱推し"ファンが増えはじめ、
その後、嵐は「センターを固定しない」という戦略に余儀なく変更していきます。


04年から05年にかけて青山劇場で上演されたミュージカル『ウエストサイドストーリー』
こんなことがありました。

メインの役3人に櫻井さんと松本さん、そして大野智さんが選ばれ
そのうえで主役のトニーに松本さんか櫻井さんのどちらかを選考…

最終的に櫻井さんが選ばれて、主役のトニー役となりました。

櫻井さんが選ばれた理由は、役の雰囲気が合っていたこと、
そして当時のグッズの売上げがNo.1が櫻井さんだったからだそうです。


ミュージカルでもセンター外された松本潤さんは、グループ内で少し不機嫌な態度をとるようになってしまいましたが、
そんな松本さんの不満をうまく聞いてあげていたのが、櫻井翔さんだったそうです。

おかげでミュージカル『ウエストサイドストーリー』は大成功!
嵐を語る上で、外せない伝説の一つとなりました。

大野智さんも当時のことを
「松潤も言ってたもんね。『あのときだからできたね』って。若さがあったよね」と回顧。

「だって俺、松潤と対立役だったから睨む役だったの、お互い。睨み合う……。それを今やれってつったら、やっぱ笑っちゃうよね」

とラジオで語っていました。

そのウエストサイドストーリーに出演していた、俳優の風間俊介さんも
先日の「VS嵐」『ウエストサイドストーリー』の思い出話を語っていました。

櫻井翔さんと風間俊介さんがいたところに、社長のジャニーさんが来て、風間さんの舞台を褒めてくれたそうです。
しかし、ジャニーさんは風間さんの役名“チノ”を“チコ”と勘違いし、会話中ずっと“チコ”と呼んでいたそうですが、
櫻井翔さんと風間俊介さんは気を遣って、そのまま会話を進めていたところへ
「“チコ”ってなんだよ。“チノ”だから」と松本潤さんが話に入ってきました!!!

ジャニーさんは激怒、風間さんと櫻井さんに『なんでYOUたち言わないんだよ』って怒ったそうです…


当時のことを思い出した松本潤さんは大爆笑!

今だから笑えるエピソード。。。。。。
やっぱり『ウエストサイドストーリー』はいつまでも語り継がれる偉大な伝説だったのですね。



【関連する記事】
posted by hanseesaa at 20:31| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
訂正させるて頂ききます
Posted by at 2017年04月14日 08:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443810022

この記事へのトラックバック