2016年08月14日

SMAP解散コメント、香取慎吾だけあまりにもあっさりしすぎて違和感…




SMAPが、今年の12月31日をもって解散することが13日深夜に発表されました。
所属事務所がマスコミ各社にファクスで書面を送りました。
下記がSMAP5人それぞれのコメントです。

中居正広
「ファンの皆様、関係各位の皆様、我々SMAPが解散する事をご報告させて頂きます。ご迷惑をお掛けしました。ご心配をお掛けしました。お世話にもなりました。このような結果に至った事をお許しください。申し訳…ありませんでした…」

木村拓哉
 「この度の『グループ解散』に関して、正直なところ本当に無念です。でも、25周年のライブもグループ活動も5人揃わなければ何も出来ないので、呑み込むしかないのが現状です。沢山の気持ちで支えて下さったファンの方々、スタッフの皆さんを無視して『解散』と言う本当に情け無い結果になってしまいました。今は言葉が上手く見つかりません」

草なぎ剛
「この度僕たちSMAPは解散する道を選びました。いつも応援してくれたファンの皆様、支えてくれた関係者の皆様、グループ結成から28年間本当にありがとうございました。今後も精進して参りますので引き続き、温かく見守って頂けると嬉しく思います」

稲垣吾郎
「ファンの皆様、スタッフ関係者の皆様、この度はご心配ご迷惑をお掛けして本当に申し訳ございません。今の状況で五人での活動は難しいと思い、辛い決断ではありますが『解散』という形を取らせて頂く事になりました。どうか僕達の意思をご理解頂けたらと思います。28年間本当にありがとうございました」

香取慎吾
「ファンの皆様、そしてスタッフ関係者の皆様。僕らSMAPは解散いたします。応援して下さった沢山の方々に心より感謝申し上げます。そして突然のお知らせとなりましたこと、深くお詫び申し上げます」

他の4人に比べて香取慎吾さんのコメントに淡々とした印象を受けるのはわたしだけでしょうか?
特に中居正広さんと木村拓哉さんのコメントには、ファンに対する申し訳なさとSMAPに対する未練のようなものが伝わってくるのですが、
香取慎吾さんのコメントからは、もうSMAP無理…っていう気持ちしか伝わってこないのです。

はじめ、その文章を読んだときは、本当に香取慎吾さんが書いたの?
たったそれだけなの?
と思ってしまいました。

しかし、時間がたつにつれ、香取慎吾さんの決意の強さがその文面からなんとなくわかってくるような気がしてきました。

11歳でSMAPとしてデビューして以来、トップアイドルをひた走り続けてきた香取さん。
香取さんがここまでやってこれたのもマネージャーの飯島さんの支えがあったからこそ。

芸能生活の支えであった飯島さんを失った今の香取さんは、
このままではメンバーへの不信感を募らせるばかり。

香取慎吾さんと他のSMAPメンバーのことを思えば、このSMAP解散の決断もやむを得ないかもしれません。


【関連する記事】
posted by hanseesaa at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | SMAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック