2016年04月21日

大野智、社長像を語る!ジャニーさんが「可愛くてしょうがない」




嵐の大野智さんの主演ドラマ「世界一難しい恋」が好調です。

今回の大野さんの役、鮫島零治社長は、一流ホテルのイケメン経営者。
経営手腕はありますが、恋を知らない“性格難アリ男”という設定。

今回の役柄に関して、大野さんは自身が考える社長像について語りました。
大野さんが社長と聞いて、真っ先に思い浮かべるのはやはり、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長!

大野さんがジャニー喜多川社長に出会うまでの「社長」のイメージは
自動車の後部座敷でどっしりと構えていたり、
社長室で葉巻を吸っているイメージでした。

しかし、ジャニーズ事務所に入り
「まあ、よく動く人だ。社長自ら」と働き者ぶりに驚いたたそうです。

合宿所に寝泊まりしていたJr.時代、社長自らが大野さんたちを
「ほらYOU、ヤバイ! 遅刻しちゃうよ。ほら、学校行きな」とたたき起こして、駅まで車で送ってくれました。

レッスン後、また合宿所戻ると、
「何が食べたい?」と聞いてくる社長。
「肉」と答えると
「作るから、ちょっと待って!」と社長自ら手料理!

そんな社長を見て育った大野さん。

「社長ってやっぱ1番上の人が1番頑張ってるから、下は勝手についてくるんだな」と感じたそうです。

とは言え、ジャニー社長はタレントを甘やかしているわけではありません。
褒める時は褒め、叱るときはきっちり叱ります。

ある時、しつこいぐらいにジャニーさんに叱られた大野さん。
まだ若かった大野さんは、厳しい言葉を受けてふてくされてしまったそうです。

すると、ジャニー社長は「YOU、怒ってるの?」と大野さんの顔色をうかがいはじめました。
大野さんは「怒ってない」と否定…
ジャニー社長は「怒ってるよ。絶対、怒ってるよ」と気遣います。

大野さんが、しばらくふてくされていると、
ジャニーさんは大野さんのそばにそっと横に寄ってきて、
「ごめんね」って謝ってきたそうです。

大野さんはそんなジャニー社長を
「可愛くてしょうがなくなっちゃうんだよね。もう2人とも子どもみたいな感じになってね」と告白。

厳しいけど、どこか可愛くて憎めない社長。
ジャニー社長との経験が、「世界一難しい恋」、鮫島社長の役柄に生かされている?


【関連する記事】
posted by hanseesaa at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック