2016年02月15日

上田竜也の放送カット、櫻井翔の「中丸雄一人選ミス発言」…KAT-TUNの扱いって一体………




TBS特別番組の『究極バトルゼウス』の第二弾が放送されました。

ジャニーズ事務所の肉体派、KAT-TUNの上田竜也さん!
趣味のボクシング暦は8年。
現役アイドルでありながら、週3日のジム通いもこなしています。
2012年のドラマ『ボーイズ・オン・ザ・ラン』でも
その特技を生かし、天才ボクサー「安藤龍」の役を、迫真の演技で披露しました。

前回の「櫻井翔のジャニーズ軍VS有吉弘行の芸人軍 究極バトル“ゼウス”」では
上田さんと流れ星・ちゅうえいさんがレスリングで勝負。

有吉弘行さんからは、「上田はチンピラみたいな顔してるからな」と言われながらも
ちゅうえいさんの肩をリングに5秒間押しつけ、勝利を手にしました。

そして、再び迎えた「ゼウスレスリング」

今度はアンガールズの田中卓志さんとの対戦!
田中卓志さんの粘りに 両者引き分けとなったこの試合。
なんと、まさかの放送カット!
自慢の肉体美を披露する絶好のチャンスなのに………………??

KAT-TUNの扱い、ひどくないですか????

実はこれには、理由がありまして、
アンガールズの田中卓志さんは、場外に逃げ回っていたそうです。
おかげ放送できず…………………

アンガールズ田中さん、あの筋肉見て、逃げたくなるのもわかりますが…………

また、「5th BattleゼウスPK」では、
芸人軍が2度もゴールを決める中、
ジャニーズ軍は、3回戦まで1度しかゴールを決めることができず………………
迎えた4回戦。

櫻井翔さんはキッカーに中丸雄一さんを指名し、さらにゴールデンボールも選択。

中丸さんは、小学校、中学校とサッカーチームに所属していました。
指名を受け「必ず入れたいと思います!」と宣言!
しかし、中丸さんの蹴ったボールは、ゴールを大きく外してしまいました。


「やってしまった、やってしまった…」と肩を落とす中丸さん。

そこで、櫻井翔さんがぽろっと「先ほどの人選ミスを考慮して、わたくし櫻井、行かせていただきます」
と言ってしまいました。

この「人選ミス発言」が一部のハイフンさんたちの怒りをかってしまい、
ネットがざわついてしまいました。


田口淳之介さんが3月末にジャニーズ事務所を退所、
そして、4月から始まるドームツアーファイナル、5月1日の東京ドーム公演をもって、充電期間に入ることが決まったKAT-TUN。

ハイフンさんたちの悲しみは相当なものだと思います。

KAT-TUN本人たちにとっても、そしてハイフンさんたちにとっても、辛い状況が続きますが、
中丸さんの言う
「これまでグループに使っていた時間をここで使いましょうと言うことで、これまで個々で出来なかったことにチャレンジする期間にしましょうということで話がまとまりました」という前向きな言葉を信じて、

パワーアップしたKAT-TUNを期待したいと思います。


posted by hanseesaa at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | KAT-TUN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック